海にお骨を納める「海洋散骨葬」

カテゴリー: ニッチ, ビジネス,

日本では火葬が一般的ですので、故人の遺骨はお骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常です。しかし近年、遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などへ撒くこと。その形は、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。

但し、山中や野山など陸地の場合には、散骨の許可がおりた指定された場所である必要があります。海洋散骨の場合は厳密な指定はありませんが、節度を持ったルールのもと散骨が行われ、陸地よりある一定の距離を保ち、いくつかの条件を満たした状態であれば散骨する事が可能です。いずれにせよ、大自然の一部として命あるものの最も自然な還り方であるともいえます。

土から土へ。水から水へ。


関連記事

関連記事はまだありません

ニッチ」のBookmark
「ニッチ」記事一覧