シングルHTMLダウンローダー – Chrome ウェブストア

カテゴリー: Chrome拡張, WEB技術,

対象のHTMLページを画像やスタイルシートを含め、単一のファイルとして保存します

ダウンロード種別について
ブラウザの右クリックメニューでは「ダウンロード種別」の項目が追加されます。これは一部のデータをあらかじめ削除する機能で、読み込み速度が向上します。その代わりレイアウトやYouTubeなどの外部コンテンツは完全には維持されませんので、ダウンロード後はファイルの内容を必ずご確認ください。

このモードでは以下の前処理が行われます。
<script>タグやタグ内のスクリプトを削除し、代わりに<noscript>タグの内容を展開します
メタタグやコメントなど、ページを読む上で直接関係の無い情報は削除されます
多重読み込みの原因となる内部ページ参照(iframe)を削除します
画像ファイルに付与されたリンクは除去されます
テキストの無いタグは削除されます。
「最小限の内容を保存」を選んだ場合、スタイルシート(文章を成形する情報)は削除されます。

注意事項
ダウンロードされるファイルはHTML5形式のため、utf-8エンコードのHTML5ページ以外は正しく変換できないことがあります
※条件を満たさないページにはアイコンが表示されます(H:HTML5ではない, U:utf-8ではない)

埋め込まれるデータは文字列に変換されるため、ファイルサイズは個別保存時に比べ、若干大きくなります。
難読化されたスクリプトなど、URLの追跡が困難なデータは正しく反映されないことがあります。
FacebookやInstagramをはじめとした、JavaScriptでページを作成するタイプのサイトでは内容が正しく表示されません。これは「すべての内容を保存」以外の保存オプションを選択することで軽減できます。
広告ブロッカーなどのコンテンツフィルターを併用していると、保存時のデザインが崩れることがあります。
IFrame内のコンテンツは対象外です。
ブラウザ設計の違いにより、Chromiumブラウザ(Google ChromeやMicrosoft Edge)とFireFoxではデータの形成結果が異なります。

ページが消えても画像が残る(base64)、保存したファイルの管理がしやすい、とかなり良い。メルカリの商品出品ページとかも保存できちゃう


関連記事

関連記事はまだありません

Chrome拡張」のBookmark
「Chrome拡張」記事一覧