Western Digital の NAS用HDDが保証期間内に故障したのでサポートに相談してみた

カテゴリー: 未分類,

Western Digital HDD
2年で壊れました・・・

Google Photo がいずれ有料化、ということで去年動かなくなって放置していたNASの壊れたHDDを再購入しようとしたところ、なんと3年保証がついていることが発覚。知らなかった、これはもうHDD買うならWDってなっちゃう。

で、保証を受けようということで方法を調べてみました。サポートは3種類っぽい

  • 電話
  • メール
  • チャット

電話

https://support.wdc.com/contact_phone.aspx?lang=jp

返品した経験がないということで、ちょっと不安だったのと、チャットのURLがわからなかったので電話にしてみた。フリーダイヤルが嬉しい。

聞かれた内容は

  1. どういうサポートがご希望ですか?
  2. 製品のシリアル番号教えてね
  3. あなたの電話番号とお名前教えてね
  4. 購入したお店の記録は見れる?そこの購入日を教えてね
  5. 多分故障だから新しいものを海外から届けることになるよ、でも新品じゃないよ、スペックは同じものだよ、データは返却できないよ。まずメールアドレスを教えてね、東京の住所を送るからそこへ元払いで壊れたHDDを送ってね、購入時の箱じゃなくてもいいよ。

という感じ。特別必要なのはシリアル番号と購入日だけなので、チャットのほうが即住所を知れてスピーディーかも?なんて思ったけれども、メールを受け取った印象は「どちらでも問題ない」です。

メール

サポートの電話で大事な部分は話してもらってたので、電話にはなかった要点だけあげます。

  • 購入した証明になるスクリーンショットを添付してね
  • 壊れたHDDの送付先はその後に教えるよ
  • 住所を英語で教えてね

電話で教えてねっていわれた情報プラス上記3点をメール返信する。

後から思ったこと

結局一番スマートなのは、「アカウント登録する」です。

https://support-jp.wd.com/

おおまかな手順

  1. アカウント登録
    ・・・住所は英語で登録。交換品は海外から届きます。
  2. 製品登録
    ・・・シリアル番号と購入証明のScreenShotなどが必要
  3. RMAを作成する
    ・・・自動返信メールに「RMA Instructions」のリンクから、「ラベルを印刷」リンク先でラベルを印刷します。
  4. 梱包
    ・・・RMAを作成してから30日以内に送付先へ届ける必要があります。「RMA: 8812341234」みたいなのを箱の3ヶ面に書きます。ラベルを返送箱に同封します。しっかりプチプチなどでくるみ、例え箱を落としても壊れないように。これがテキトーだと保証外になり交換してくれません。
Western Digital RMA
保証期間が表示される親切設計

電話対応にてメールアドレスやシリアル番号を伝えるため「京都のKに、数字の7に・・・」とかやるよりは、こちらで登録したほうがいいです。

製品買ったら先に登録しておくほうが、忘れた時期にいちいち納品書を探し日付確認、写真撮影、NASから取り出して故障表示とHDD実物のシリアル確認して登録して、という流れでのめんどくささ軽減とケアレスミスを防げます。

ちなみにサポート電話でメールアドレスを伝えると、そのメールアドレスをアカウントとして登録してくれるようで、新規登録はできずパスワード再発行でしかログインできません。パスワード再発行先URLを登録メールアドレスで受け取って、パスワードを登録して初めて利用できる形。

もうひとつ、チャットでのやりとりは、PCから見た場合、右側のメニュー「チャットライブ」からいけるみたいです。時間帯は「月曜日 - 金曜日: 09:00 - 17:30 JST」。土日は不可です。

こう考えると、アカウント登録し、サポートやらを受けたい場合は、ログインした直後のダッシュボードで「新しいサポートケースを作成する」をしたほうが一番楽だと思いました。

こういうのはやってみなきゃわからないですね、こう慣れるとウェスタンデジタル以外に選択しづらくなってきます。サポート大事。


関連記事

関連記事はまだありません

未分類」のBookmark
「未分類」記事一覧