HeidiSQLでMySQL/MariaDBへ接続

カテゴリー: 手順書,

phpMyAdminが億劫になってきたので、MySQL/MariaDBデータベースへ接続できる外部クライアント HeidiSQLを利用してみた。Windows 7,8,10で動くそうな。

・HeidiSQLはWindows 7, 8, 10で正常に動作します。
・新しいWineのリリースでHeidiSQLを実行すると、現在のところ非常に不安定です。Wine 4.0を推奨することで、様々な問題が解決される可能性があります。
・TLS 1.2を有効にしたMS SQL Serverに接続するには、SQL Server用のOLE DB Driver 18をインストールする必要があります。
・PostgreSQLへの接続には、Visual C++ 再頒布可能パッケージのインストールが必要な場合があります。

DeepL翻訳

ポート開放

CentOS 8 にて。

firewall-cmd --zone=public --add-port=3306/tcp --permanent
firewall-cmd --reload
firewall-cmd --list-ports

ダウンロード

今回はポータブル版(64bit)で試してみた

Download HeidiSQL
https://www.heidisql.com/download.php

SSHでトンネルしてDBへログインする形になるらしく、plink.exe が必要とのこと。こちらもダウンロードしておく。「plink.exe (a command-line interface to the PuTTY back ends)」の64bitを選択

Download PuTTY: latest release (0.74)
https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html

ファイルはHeidiSQLのディレクトリに放り込んでおいた。

設定

テーマ選択。HeidiSQLを起動すると右下に「続き」っていうよくわからないボタンから、「環境設定」を選ぶと「Style Theme:*」っていうのから選べます。

HeidiSQLのテーマ選択
HeidiSQLのテーマ選択
windows 10 SlateGray を選んでみた

次にデータベースへの接続設定

HeidiSQLのMySQLログイン用設定

次にSSHの接続設定

plink.exe へのPATHも必要です

接続。データベース表示

インストールしたてのWordPressのテーブル

参考URL

WindowsでHeidiSQLを使用してMariaDBをバックアップ・リストアするの方法 | トライフィールズ
https://www.trifields.jp/how-to-backup-and-restore-a-mariadb-using-heidisql-on-windows-2490


関連記事

関連記事はまだありません

手順書」のBookmark
「手順書」記事一覧